疾病予防・健康づくり(保健事業)
特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導は、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い生活習慣病の有病者・予備軍を減少させること(病気の予防)を目的として行うものです。
特定健診は、生活習慣病予防のための保健指導を必要とする人を抽出するための健診です。特定保健指導は、特定健診の結果に基づき、生活習慣病発症リスクから対象となった方に対し、自らの生活習慣を変えることができるよう「動機づけ支援」「積極的支援」を行います。
特定健診の未受診者が増えると、保険料が増えることもあるため、対象の方は特定健診・特定保健指導を必ず受けてください。

特定健診は40~74歳の全加入者が対象

次の全ての項目が実施されて、初めて特定健診の実施とみなされます。

基本的な項目
  • 質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲等)
  • 血圧測定
  • 理学的検査(身体診察)
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)
  • 血液検査
    脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
    肝機能検査(AST、ALT、γ-GTP)
詳細な項目 一定の基準のもと、医師が必要と認めた場合に実施します。
  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

特定保健指導

当組合では健康診断の結果から生活習慣病のリスクがあると思われる方を対象に特定保健指導利用券を発行しております。
利用券の届いた方は専門スタッフによる生活習慣改善サポートを受講することが可能です。
生活習慣病になってしまう前にぜひご活用ください。

特定保健指導はレベルによって内容が異なりますので、お手元に届いた健診結果表を確認してください。

  情報提供 動機付け支援 積極的支援
対象者 健診受診者全員 生活習慣の改善が必要で、改善の意思決定支援を要する方 生活習慣の改善が必要で、継続的できめ細やかな支援を要する方
内容 健診結果の見方や生活習慣病に関する基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報を提供します。
  • ①面接・指導
    個人面接、もしくはグループ面接を行います。
  • ②行動目標・支援計画作成
    支援者とともに生活習慣改善のための行動計画を作成します。
  • ③実績評価
    6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行います。
  • ①面接・指導
    個人面接、もしくはグループ面接を実施。その後もメール等により複数回指導を行います。
  • ②行動目標・支援計画作成
    目標に優先順位をつけながら、生活習慣改善のための行動計画を作成します。
  • ③実績評価
    6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行います。

※当組合などの医療保険者は、75歳以上の方を対象とした後期高齢者医療制度に「後期高齢者支援金」を拠出しています。この支援金は、特定健診・特定保健指導の実施率に加え、複数の指標により評価され加算・減算されます。

そのため、加入者の方々が特定健診・特定保健指導を受診して頂く事で加算を回避し、健保組合の健全運営につながりますので、特定健診及び特定保健指導対象の方はできるだけ受診していただくようご協力ください。